北限の桃を求めて

あっという間に(更新していない間に…)お盆も過ぎ秋の風が吹いてくるようになり、朝晩はだいぶ過ごしやすくなりました。

だいぶ仕事の方も落ち着き、少し時間ができたので鹿角市の道の駅 大湯 へ行ってきました。

こちらの建物は新国立競技場も手がける隈研吾さんの設計ということで、木材がふんだんに使われ、ガラス張りの開放感あふれる空間になっていました。

昨年4月の開業から1年以上経過し、また国道沿いではないにも関わらず多くのお客さんがいました。

建物としても魅力的でしたが、実は「北限の桃」を求めて行ってきました。

桃は身の大きさが大きくても小さくてもタネの大きさは変わらないらしいので、大きいものを選んだ方がお得らしいと聞いたので、大きもの選んできました。

ちょっと冷蔵庫で冷やして食べるのが楽しみです。

関連記事

  1. お墓の引っ越しに行ってきました。(前編)

  2. 仕事はじめの機械整備とスギ花粉。

  3. 名古屋に行ってきました

  4. 祖父を見送って1ヶ月。

  5. 健康第一です!

  6. 自分でできるからこそ…